Flip Chip Rework

フリップチップのリワーク

著者: Dan Lilie

要約:フリップチップ部品は、これまでPCBアセンブリで使用されることはあまりありませんでしたが、アセンブリの小型化の必要性が高まるにつれ、ますます重要性が増してきています。フリップチップはベアダイで、アクティブ側を下にして回路キャリア上に直接実装されます。これは、(フリップチップが)特に小さなサイズになることも意味します。数千個の接点を持つ非常に複雑な回路では、この技術だけが唯一のアセンブリの実現性を持っています。一般的に、フリップチップは導電性ボンディングまたは圧力溶接(熱圧着)で組み立てられますが、その他の選択肢として、はんだ付け、超音波接合、拡散接合などがあります。本テクニカルペーパーでは、PCB レベルでのはんだ付けによるフリップチップのリワークに焦点を当てています。

営業担当窓口 James Bishop

Finetech USA/East Coast
+1 603 627 8989
Send an email

ユーザアカウントへのフルアクセス

アカウント作成により入手:

  • 全ての製品カタログへアクセス
  • データシートにアクセス (有効化の終了後)
  • 技術文章とホワイトペーパーへのアクセス (有効化の終了後)

今すぐダウンロード
営業担当窓口 James Bishop

Finetech USA/East Coast
+1 603 627 8989
Send an email

ユーザアカウントへのフルアクセス

アカウント作成により入手:

  • 全ての製品カタログへアクセス
  • データシートにアクセス (有効化の終了後)
  • 技術文章とホワイトペーパーへのアクセス (有効化の終了後)

企業のメールアドレス以外は削除
弊社のITポリシーにより、登録を完了する為には、企業のメールアドレスをご使用される事をお勧めします。